GショックとベビーGの専門店です。海外の珍しいモデルから定番の商品までカシオの人気モデルが激安価格!!

【オススメのサイト】
セイコー海外モデルはこちら
ドルガバとD&G時計の専門店
ホーム | モデル別の商品一覧: Gショック各モデル別の一覧 > GXシリーズG-SHOCK GXW-56KG-3 マルチバンド6(電波時計) タフソーラー搭載 キングサイズ
商品詳細
G-SHOCK GXW-56KG-3 マルチバンド6(電波時計) タフソーラー搭載 キングサイズ

G-SHOCK GXW-56KG-3 マルチバンド6(電波時計) タフソーラー搭載 キングサイズ


G-SHOCK史上最大の大きさと強度を誇るキングサイズモデルです。

あらゆる(X=extra)方角からの衝撃(Gravity)に耐えぬくことを目指した「GX Series(ジーエックスシリーズ)」は新開発の2層ウレタンベゼルとインナープロテクターを取り入れた耐衝撃構造を搭載。

2層ウレタンベゼルは従来のウレタンベゼルの内側にもう一枚ベゼルを重ねた新構造。衝撃をガードする硬いウレタンを外側、衝撃を吸収する軟らかいウレタンを内側に配置しています。
軟らかいウレタンベゼルはボタン部分までカバーしており、ボタンの操作性を損なうことなくベゼル全体のプロテクト能力を高めています。

モジュールを覆うインナープロテクターは断面がジャバラ状になるようウレタンで成型。凹凸が伸縮することでサスペンションの役割を果たし、衝撃が直接モジュールに伝わることを防ぎます。

傷つきやすい液晶面は視認性が確保できる限界までプロテクターで覆い衝撃から保護。液晶面を囲むプロテクターの凹凸形状がフェイスデザインに力強さを演出します。

更に、インナープロテクターの3時・6時・9時・12時の4箇所に衝撃吸収性に優れるアルファゲルを取り入れました。
プロテクターの耐衝撃性能と弾力性に富むアルファゲルが持つサスペンション性能が融合。万が一、衝撃がケース内部に伝わってもモジュール自体へ伝わらないよう衝撃を幾重にも渡ってブロックする新構造が実現しました。

デザイン面では屈強さ、精悍さを表現。G-SHOCK史上最大サイズのケースを使用し、迫力ある造形に仕上がっています。

世界6局の標準電波受信機能やタフソーラーを搭載し、実用性にも考慮。

テクノロジーとデザインの両面から、G-SHOCKのアイデンティティである「タフ」を徹底的に追求した腕時計です。

⇒【楽天市場】GXW-56KG-3と関連商品の一覧はこちら (価格が安い順)

商品詳細
サイズ:(縦x横x厚み)約55.5x53.6x17.5mm、重さ 約88g、腕周り 約15〜22cm
素材:ステンレス、ウレタン樹脂
商品の仕様
・耐衝撃構造(ショックレジスト)
・20気圧防水
・マッドレジスト(防塵・防泥構造)
・タフソーラー(大容量ソーラー充電システム)
・ワールドタイム:世界48都市(31タイムゾーン、サマータイム設定機能付き)+UTC(協定世界時)の時刻表示、UTCダイレクト呼出機能
・ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
・タイマー(セット単位:1分、最大セット:24時間、1秒単位で計測)
・デイリーアラーム5本(1本のみスヌーズ機能付き)・時報
・バッテリーインジケーター表示
・パワーセービング機能(暗所では一定時間が経過すると表示を消して節電します)
・フルオートカレンダー
・12/24時間制表示切替
・操作音ON/OFF切替機能
・ELバックライト(フルオートELライト、残照機能、残照時間切替(1.5秒/3秒付き)
・電波受信方法
自動受信(最大6回/日)(中国電波は最大5回/日)/手動受信、
<日本>受信電波:JJY、周波数:40kHz/60kHz(福島/九州両局対応モデル)
<北米地域>受信電波:WWVB、周波数:60kHz
<ヨーロッパ地域>受信電波:MSF/DCF77、周波数:60kHz/77.5kHz
<中国>受信電波:BPC、周波数:68.5kHz
*ホームタイム設定を受信可能な都市に設定すると、都市にあわせた局を受信します。尚、時差は選択した都市によって設定されます。
・受信電波
ホームタイム都市 (受信機能対応都市)/受信電波
台北、ソウル、東京/日本の標準電波 JJY40・JJY60
(ホノルル)、(アンカレジ)、バンクーバー、ロサンゼルス、エドモントン、デンバー、メキシコシティ、シカゴ、ニューヨーク、ハリファックス、セントジョンズ/アメリカの標準電波WWVB
リスボン、ロンドン、マドリード、パリ、ローマ、ベルリン、ストックホルム、アテネ、(モスクワ)/イギリスの標準電波MSF・ドイツの標準電波DCF77
香港、北京/中国の標準電波BPC
※( )の各都市は条件が良ければ受信する場合もあります。
※電波受信が行なわれない場合は、通常のクオーツ精度(月差±15秒以内)で動作します。
・連続駆動時間
フル充電時からソーラー発電無しの状態での駆動時間
機能使用の場合:約10ヵ月
パワーセービング状態の場合:約26ヵ月