GショックとベビーGの専門店です。海外の珍しいモデルから定番の商品までカシオの人気モデルが激安価格!!

【オススメのサイト】
セイコー海外モデルはこちら
ドルガバとD&G時計の専門店
ホームGショックの豆知識
1981年夏。CASIO(カシオ)計算機株式会社の商品企画/増田裕一、設計/伊部菊雄、プロダクトデザイナーであり、後に“Gショック”の名付け親となる二階堂隆。20代の若き3人の開発者による「PROJECT TEAM Tough」が結成され、唯一無二の“耐衝撃時計”の開発が始まりました。
3階のトイレの窓(約10m)からの落下実験等の試行錯誤の末、1983年に初代Gショック「DW-5000」を発売。DW-5000はその後、高機能化しながらも、デザインはオリジナルのまま現在に引き継がれています。

G-SHOCKが初めてアメリカに輸出された頃「アイスホッケーのパック代わりにしても壊れない」という宣伝文句に対して誇大広告ではないかとクレームがついたことがありました。
実際に検証番組が作られ、その中でホッケー選手の強烈なシュートを受けても機能していることが示されました。宣伝の内容が事実であることが証明され、これをきっかけとしてアメリカ国内で人気が爆発。
日本では1994年公開の映画「スピード」においてキアヌ・リーブス演じる主人公が着用していたことからブームとなり、Gショックの名は誰もが知るところとなりました。

余談ですが、G-SHOCK の類似品として "A-SHOCK" などが日本を含むいくつかの国々で出回っていたりした為、製造元のカシオでは "A-SHOCK" から "Z-SHOCK" まで全てのアルファベットを商標登録しています。(このことはトリビアの泉でも紹介されました。)